やました農園のこと

004
こんにちは、やました農園です。やました農園は夫婦ふたりではじめた小さないちご農園です。
苗の栽培から収穫まで一貫して農薬を使わず、株自体の免疫力を重視して、いちごを育てています。

幸い病気には負けずに育ってくれていますが、虫に泣かされることも、しばしば。
それでも、応援してくださる方々のお陰で、無農薬栽培に挑み続けることができています。

農薬ゼロで頑張りぬいて、ゆっくりと健やかに育ったいちごたちです。
一人でも多くの方に、おいしいの笑顔が届きますように。

やました農園
山下 学



やました農園のいちごについて



concept1
無農薬に挑戦する理由

いちごのハウスで深呼吸!幸せだぁ。
東京でサラリーマンだった自分が農業を志したのは29才の時。
あれから十年たちましたが、まだまだ分からないことだらけです。
農業はとても奥深くて、面白くて、そして恐い。農薬に頼らないとなるとなおさらです。
だけど、畑で思いきり深呼吸できる。
この幸せが「あたり前」になる日を目指して、今日も畑へ。

concept2
フカフカの土にするために

すべては微生物だと、つくづく感じます。
彼らに元気に気持ちよく暮らしてほしいから、ごはんは天然素材のものを。
微生物の楽園となるように、土作りに取り組んでいます。

concept3
ミツバチが教えてくれること

日没間際だというのにミツバチが受粉活動をしてくれています。ほっとする光景です。
ミツバチが弱っていたら、それはハウスの湿度や温度、気流に問題があるサイン。
彼らが元気に飛んでくれる姿は、いちご屋としての誇りです。

concept4
いちご生産者の想い

いちごは他の作物に比べて減農薬栽培が難しく、
福岡県では化学合成農薬63回散布、減農薬でも31回の散布が認められています。
やました農園は、農薬に頼らず丈夫な株を育てることを第一に考えています。
そしてみなさんに健やかないちごを届けたい。
また、畑からの想いを食卓にリレーするために、
私たちはワークショップを行っています。
いちごのハウスやお料理教室、学校など、場所は様々。
ご希望があればお声をかけてください。


やました農園


いちご生産者 山下 学・山下 真奈美
〒839-0804 福岡県久留米市宮ノ陣町若松1272-1
TEL/FAX 0942-80-3483
ホームページ … www.yamashita15.com
オンラインショップ … shop.yamashita15.com
facebook … www.facebook.com/yamashita15